スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中西寛「機動戦士ガンダムAGE~追憶のシド~」レビュー

機動戦士ガンダムAGE~追憶のシド~ 1 (少年サンデーコミックス)機動戦士ガンダムAGE~追憶のシド~ 2 (少年サンデーコミックス)



機動戦士ガンダムAGE初の公式外伝である追憶のシドがついに1巻,2巻が発売されました。

本誌ではまだ連載中っぽいですが、視聴者の疑問である「アセム・アスノはなぜ海賊になったのか?」という疑問が解決されています。
そいじゃここいらでレビューをおひとつ
 

追憶のシドといえば、 僕らのラーガンが定年を迎えているのにもかかわらずパイロットを強いられている漫画で有名です。

主人公はウィービックっていう言いづらい海賊の人で、連邦と戦ううちにEXA-DBというをめぐる争いに巻き込まれるというものです。



追憶のシド

そして1巻では、ウィービックがシドを探している途中、AGE-2に遭遇するという引きで終わりました。

たぶんこのブログに来ている人は、読んでなくてもだいたいの内容を知ってると思います。

そんなわけで、2巻はAGE-2とウィービックの出会いから始まります。





アセム・アスノはなぜキャプテンアッシュになったのか 



さて、帯で煽るぐらいの疑問となっているアセム・アスノの生涯を決めた出来事とは一体何だったんでしょうか?

しょうじきね、この帯は詐欺すぎて買う気が起こる。
この帯ってなんか偉人の伝記に似合いそうですよね。


追憶のシドと遭遇したアセムとウィービックはなんと仲違いします。
ってそもそも敵同士だったね・・・。


昨日の放送で出てきたシドを見ればなんとなく強さがわか・・・わかんないよね・・・。

とりあえず、デビルガンダムみたいに強いMSのシドと遭遇したアセムは、何を思ったか海賊のものじゃないかと疑います。
まぁシドによって仲間を撃墜されましたからね。わからなくもないかも。

で疑いを向けられたウィービックは応戦しようとするも、レウナ(EXA-DBを守っていた女の子)によって銃をおろします。



紆余曲折あって、ウィービックはシドと自爆し、その影響でAGE-2も大破。
救援に来た連邦軍は残骸を見てアセムは死んだと判断、なぜかAGEデバイスとAGEシステムだけ持ち帰ります。
フォローすれば、デブリが多すぎて長居できなかったということもあります。
とはいえ、司令の息子で軍の重要戦力であるガンダムをほぼ放置するだなんて、やっぱり連邦は腐ってますね。



それから数時間後、ウィービックを助けに来た海賊ビシディアンは、AGE-2の残骸をすべて回収。
ん?デブリ帯だから長居できなかったんじゃ・・・?

気にしてもしょうがないですね、AGEだし。






my world 




そんなわけで、海賊によってAGE-2はダークハウンドに改造されてしまいました。
もともとビシディアンはガンダムを奪ってダークハウンドに改造し戦力にする計画を建てていたようです。


そのため、簡単にマッドーナ工房と協力して改造できたというわけです。

まぁ、マッドーナ工房と協力してという点はスルーしましょう。
フリット編の頃からゼダスの改造を任されるような死の商人だし。

ガンダムを奪う計画があったというのもまだわからんでもないです。
古来よりガンダムの奪取は幾度と無く行われてましたからね。
それに、キオ奪還でいともたやすくAGEデバイスを入手していたことからも盗みの能力は高そうですしおすし。


問題は「マッドーナ工房がガンダムの改造をした」ということです。
考えてもみてください。連邦軍が回収できなかったAGE-2を所持していて、更に改造を頼まれてるんですよ。
疑問に思わないんですかね・・・?
マッドーナ工房っていやぁ、フリットと交流もあったようだし、そのフリットが作ったガンダムの残骸が運び込まれて改造しろって頼み込まれて・・・。
アセムの消息とかいろいろあったろうに、スルーしてダークハウンドなんかにしちゃうんですよ・・・?
マッドーナ工房って本当まっとうな工房ですね恐ろしい。


これ以上突っ込むと本編から話が逸れちゃうのでやめときます。
危険なダークハウンド。


 
で、奇妙なスレ違いによって海賊船に回収されたアセムは、ビシディアン首領アングラッゾに「仲間になってほしい」と頼まれます。
一瞬「ナニイッテンダアンタ!」と怒るアセムですが、アングラッゾの命が長くないこと、ビシディアンの戦力を均衡させるという目的がアセムの考えと一致して(このときから自分なりの戦争観をもっていたようですね、意外と考えてた)
そして何より、死んだウィービックの意思を継いで欲しいということがアセムの心を揺らがせます。

あれ・・・?最近聞いたぞその流れ。



そして思いだす自分の人生。
戦うための人間じゃないと自覚していても、戦いから逃れられない人生を歩んでしまったアセム。
戦争が彼の行き方を変えてしまったとしても、その中で戦う意味を探していたアセムは、キオとロマリーを守るため、ダークハウンドを狩り、海賊として生きることを決意します。



生まれたばかりの息子ほったらかすほど海賊に恩恵があるわけでも無さそうですが、こうしてアセムは宇宙海賊の一員となりました。
おめでとうキャプテン!キャプテンアッシュ万歳!
おっと、まだアセム・アスノだったね・・・。


そんなに大したことなかった海賊落ちした理由でしたが、よくブレるアセムくんなので納得といえば納得。
でもどうせなら「今日から海賊になるよ父さん」って早めに報告してあげればよかったと思う。

今ですらビクビクしてるけど、当時は乗りと勢いと若さで父と息子の呪縛を乗り切ったんでしょうか・・・?


そしてウィービックとレウナの生死は未だ不明・・・。
主人公はアセムへと移り変わり、EXA-DBを巡る戦いはまだ続くはず・・・。だって2巻の終わりに(完)とか書いてなかったし、公式サイトにも「連載中!」って書いてるし・・・まだやってるよね・・・?



本編につながるミッシングリンクはもちろんあります。
けどAGEなので公式外伝のくせに思った以上に少ないです。
たとえば、これは今キャプテンアッシュが乗っている戦艦バロノークのブリッジ。
アングラッゾの乗ったシートに注目!
  

なんとバルガスの頭部ドクロがこんなとこに!!
これアッシュさんの趣味じゃなかったんすね。

この戦艦バロノークは海賊船ってことをアピールするためよくわかんないところにドクロを配置してます。
形から入るタイプなんですねきっと。



キャプテンアッシュとなったアセムを補佐するなぞの白ひげ、ラドック・ホーンもコミックスから登場しています。

2巻まで計6話あるんですが、アセムが海賊として戦う決意をする6話にいきなり登場。
今までビシディアンがMSを出して戦う場面は何度もありましたが、そのシーンには姿すら見せてません。
伏線もクソもありゃしねぇ。

こういうのってフツーけっこう早めに出すもんだと思うですが、そこはAGEなので。
漫画になってもAGE節は健在です。さすが公式外伝。強いられてるぜ。

ちなみにセカンドムーンでキオを助けたオッサンは探したけど見つかりませんでした。
ちゃんと探したらいるかもしれないけど、めんどかったので誰かさがしたってください。


単行本には追憶のシドの設定画が掲載さててます。
うおぅ、なんだ右のイケメンは。

キャプテンアッシュとアセム・アスノのちょうど中間ですね。
イケメンすぎてステキだわ、この話ゲームに追加されないっすかね?青年フリット編とか別にいいんで。



今回は追憶のシドの登場人物全員の設定画が掲載。
この子はヒロインのレウナです。


えーっと、クールビューティで可愛いですね!!!


本編読んでない人はこの設定画を見てからコミックスを読むと驚愕することまちがいなしだわこれ・・・。














さてこっからはおまけのコーナー

ご存知かもしれませんが、今回AGE外伝を執筆されているのはあの機動戦士ガンダムAGEを初コミカライズした中西寛先生でございます。

ガンダムAGEのストーリーが初めてお見えにしたあの頃を覚えていらっしゃるでしょうか・・・?


「なっ!?待ちぶ・・・」
「がああああああ!!」

「ラーガーン!!」




懐かしいですね。かれこれ1年前です。
この漫画のおかげでAGEは一躍注目を浴びることとなったのです。
このコミカライズもまた中西先生であり、先生の特徴といえば撃墜された時に発する「があああ!!」という断末魔。


このラーガンの断末魔は、構成のインパクトもあってAGEにおける死亡セリフの一つとして認知されました。
そして何を思ったか、外伝ではこの「があああ!」が海賊、連邦ともに断末魔として広まっていました。
さすがアセム編の時代にはスターパイロットとして名を馳せたラーガンですね。彼の魂は宇宙を包み込んだみたいです。

ちなみにこの漫画は追憶のシド1巻、2巻に収録されているので購入すればいつでもなまちぶが見れます。




そこで、このおまけでは追憶のシドにて一体何人が「があああ!!」といって散っていったかを集めていきたいと思います。


  
中西寛『機動戦士ガンダムAGE~追憶のシド~①』P33

まずは第1話「宇宙海賊と秘宝」から

ラーガン部隊と戦闘となったビシディアンが、シドからの待ちぶせを受け撃墜されてしまいます。
このシャルドール・ローグに乗っていたビシディアンのダム(18)は、哀れ登場からわずか16ページで天に召されました。
この出落ちっぷりは当初のラーガンにも共通するかもしれませんな。



  
中西寛『機動戦士ガンダムAGE~追憶のシド~①』P37

同じく1話から。
「があ!!」と叫んで避けるウィービックに対し、「がああ!!」とあわや直撃を受けてアデルは大破、ラーガンの部下は早くも二人も死亡してしまいました。
待ちぶせで散った彼が、こちらでは死なせてしまう立場になってしまうとは皮肉ですね。


  
中西寛『機動戦士ガンダムAGE~追憶のシド~①』P123

話は飛んで第3話「シドを追って」ではまたもやウィービックが「があ!!」とシドの攻撃を回避します。
この「があ!!」って言うの、死ぬなり直撃するならまだしも余裕で避けてる場合には言わなくてもいいんじゃないかなって。

  
中西寛『機動戦士ガンダムAGE~追憶のシド~②』P13

今度は巻数を飛んで2巻の第4話「追憶のシド」でアセムとシドの初邂逅。
アセム隊のアデルも一緒に映っていて、誰が言っているのかは判別できないですが、今までと違い「がああ!」となっているのがチャームポイント。個性を出したね。

それにしても、この構図けっこう迫力あってカッコイイなぁ。
人物絵は微妙だけどメカ作画けっこう良いね中西先生。




  
中西寛『機動戦士ガンダムAGE~追憶のシド~②』P14

ページをめくるとシドの攻撃を避けられず宇宙の藻屑となるアデル2機。こっちは正式な「があああ!!」で一安心。





 
中西寛『機動戦士ガンダムAGE~追憶のシド~②』P22

さらにシドから攻撃を受けるアセム、「がああ!!」じゃなくて「がはあ!!」です!

なんでここで「がああ!!」じゃないんですか中西先生!もしかしてさっきの「がああ!?」はアセムのセリフですか!?
これだからお坊ちゃんは個性を出そうと躍起になりやがって!
目立ちたがりやだからMSも白色にしたんだろう!このキャプテンアッシュめ! 

  
中西寛『機動戦士ガンダムAGE~追憶のシド~②』P24

まだまだ続きます。
シドの猛攻によりついに直撃を受けたアセムはまた叫んじゃいます。
しかも今度は「がぁぁ!!!」ですよ。

なんと小さい「あ」エクスクラメーションマークを3つ
も使ってます。
これほどピンチだったんですね。シドこわい。


  
中西寛『機動戦士ガンダムAGE~追憶のシド~②』P43

大量の子シドに追われあわやELSに侵食されるイノベイターごとく囲まれるアセム。ついに正式な「がああ!!」を叫んでしまいました。
これの皮肉なところは、00でいうイノベイター能力であるXラウンダー能力をアセムは持っていないということ。
ドンマイ。

 
中西寛『機動戦士ガンダムAGE~追憶のシド~②』P43

囮作戦で子シドから注意を逸らす作戦に出ていたアセムですが、あまりの猛攻によりスーパーパイロットも大ピンチに。
切り刻まれるアセムは叫び続けます。

ここまで第4話です。
アセムさん、この話でがあがが言い過ぎ。




 
中西寛『機動戦士ガンダムAGE~追憶のシド~②』P57


戦い終わって第5話「ダークハウンド」より。

アセムたちを救出にきた連邦軍は、デブリごときにぶつかって「がああ!!」と叫びます。
根性が足りんぞ連邦軍。
小説版のウルフ隊長にしごいてもらえ。

いや、ラーガン教官に「なにかあったらがああって言え」と鍛えられたのかも。


 
中西寛『機動戦士ガンダムAGE~追憶のシド~②』P87
 

同じく第5話より。
アセム司令よりアセム殺害容疑のかかった海賊を捕らえろとの任務を受けたアダムス・ティネルは、ビシディアンの居場所を突きとめ方位し、ビシディアンは絶体絶命のピンチに。

しかし、漫画版でも空気の読めるヴェイガンのおかげで取締は有耶無耶になりヴェイガン戦へ突入。
奇襲を受けたアダムス隊は早くもボロボロ


 
中西寛『機動戦士ガンダムAGE~追憶のシド~②』P88

そして早くも全滅の危機。さすがやられメカは活躍シーンが少ない。

ちなみに、指令を命じるアセム司令は威圧的に、対するアダムスは敬語です。
歳の差ってなんだっけ。




 
中西寛『機動戦士ガンダムAGE~追憶のシド~②』P130


話は飛んで第6話「決断」。2巻の最後の話です。 

第5話で連邦軍を大部隊で襲ったヴェイガンですが、形勢を逆転され撃退。
で、今度は宇宙海賊狙いに。みさかいねーなヴェイガン。

このやられたシャルドール・ローグですが個性をだして「があああ!?」でも「がぁぁぁ!!」でもない「ぐぎゃああああ!!」を活用されました。
なんか「がああ!!」より雑魚感がマシマシ


 
中西寛『機動戦士ガンダムAGE~追憶のシド~②』P132 

ダークハウンドのコクピットではやられる海賊たちの断末魔が響きました。
モニターにすら「がああ!!」と音声が入る始末。
強いられてんなー


 
中西寛『機動戦士ガンダムAGE~追憶のシド~②』P140

ダークハウンド初陣!
アセムは慣らし運転もしていないのにアンカーショットを華麗に披露してヴェイガンから初「があっ!」 いただきました!

ヴェイガンまで「がああ!!」ですか・・・。ラーガンの影響すさましいなオイ。




 
中西寛『機動戦士ガンダムAGE~追憶のシド~②』P141


トドメを受けて「がはああ!!」と散るヴェイガン。なーむ

ヴェイガンはヴェイガンらしく「がふらああ!!」と散って欲しかった・・・。




これで追憶のシド1巻、2巻の「があああ!」カウントは終了です。
ときたま「がああ!!!」じゃないのも入ってたけど、そこはユリンがデシルにさらわれるのを見ているだけだったバーミングス伯爵のように広い心でスルーしてください。

累計すると合計17があああ!!です。
内訳としては
  • ビシディアン:5があああ!!
  • 連邦:10があああ!!(内アセム5があああ!!)
  • ヴェイガン:2があああ!!
になりますね。
アセム言いすぎ。


ここまでカウントして気づいたのは思った以上にバリエーションが豊かだったことですね。
「があああ!!」なり、「があ!!」なり、「がぁぁ!!」なり。
どちらにせよ「が」と「あ」と「!!」が入っているのは間違い無いと。

さすがに指摘されたのか、後半になったら「ぐっ!」とか「くっ!」とか出てきましたが、やはり「があああ!!」に勝るものはなし。
今後も続くであろう追憶のシドワールドに更なる「があああ!!」が飛び出すことを期待してこの話を終わります。

予想してたけどやっぱりおまけのほうが長いね。


参考文献
中西寛(2012年)『機動戦士ガンダムAGE~追憶のシド~①』株式会社小学館.
中西寛(2012年)『機動戦士ガンダムAGE~追憶のシド~②』株式会社小学館.


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムAGE
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 機動戦士ガンダムAGE 追憶のシド

コメントの投稿

非公開コメント

アラサーのアセムもイケメンじゃないの

No title

「アセム・アスノはなぜ海賊になったのか?」←本編でやってください
ファーデーンとミンスリーと友情と恋とモビルスーツはいいんで

No title

もう2巻目出てたんですね、早いな。1巻目はすぐに店頭からなくなったので2巻目も早めに買わないとなくなりそうですね。
キャプテン・アッシュことスーパーパイロットアセムさんの海賊落ちが読めるということで2巻目も買います!

No title

>アラサーのアセムもイケメンじゃないの
男は30歳からだね!


>ファーデーンとミンスリーと友情と恋とモビルスーツはいいんで
かばっそれがなかったらAGEはただのアニメになってしまうじゃないの。

でもまさか本編で海賊になった説明が一言だけだったのはさすがにびっくりだよ


>巻目はすぐに店頭からなくなったので2巻目も早めに買わないとなくなりそうですね。
意外とすぐ消えたよね1巻。
表紙のアセムイケメンだし2巻もけっこう早めになくなりそう。
最新記事
相互リンク更新情報
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ブログを更新する暇があった日々
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
欲しいの
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ


リンク
カウンター
わたしのせつめい

キバヤシ

Author:キバヤシ
心も腐る華の20歳。

朝は悪夢から目覚め、昼は家畜の餌を食べ、夜はオナニーもできない人類初のモルモット生活を実行中。
ツイッターで日頃の鬱憤を晴らします。

ツイッターだお

当サイトはリンクフリーです。お好きにリンクしてお好きに宣伝してお好きに見ていってください。
相互リンクも募集中ですよん。

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
304位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
71位
アクセスランキングを見る>>