スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版魔法少女まどか☆マギカ「後編」永遠の物語 感想 & 名古屋舞台挨拶に行ってきたのです

いやーまさか舞台挨拶チケットが当たるなんて。


そんなわけでTOHOシネマズに行って来ました。劇場版魔法少女まどか☆マギカの舞台挨拶です。


舞台挨拶は劇場版機動戦士ガンダム00-A Waeking of The Trailbrazer-以来でけっこうわくわくして行きました。
ちなみにTOHOシネマズはUN-GOエピソード0因果論以来です。

遠いんだよねTOHOシネマズって。
けどすっごいでかいんです。
スマイルプリキュアの超でかい映画ポスターあって見に行きたいと思ったし。


では適当に感想と舞台挨拶についての内容をちらほら書いていきます。

総集編なのでネタバレ的なネタバレは無いんですが内容に触れまくって書きます。
「魔法少女の映画やるんだーみたいなー」っていう幼女などはネタバレ注意してこの記事を読んでください。


      ', ';:.:.:.:.:.\                         /.:.:.:.:.:;' ,'
      ', ';:.:.:.:. /                        \ .:.:.:.:;' ,'
,   ´ ̄∨.:.:/                        \:.:.∨ ̄`   、
     / .:                            :. \
   . ; '  /                            ':   丶: .
 . : /   ;     , .::;;;;::. 、              , .::;;;;::. 、     ;   ヽ: .
.:.:.:/   i:   イ .;'⌒しハ             イ .;'⌒しハ   .:i    ':.:.:. 感想始めるよ!
:.:/    :|:.   人:ヽ...ノ.:ノ                人:ヽ...ノ.:ノ   .:|:     ':.:  
/    :.|:.     `''ー ´              `''ー ´    :|.:     '
     .:.:.|;:                                 .:;|.:.:.
    .:.:.:.ll:.                                  .:ll.:.:.:.
   .:.:.:.:八: .                               . :八:.:.:.:.
   .:.:.:./.:.:..\: .         'ー‐'^'ー‐'          . :/.:.:.ヽ:.:.:.:.
  .:.:.:/.:.:.:.:.:.:. \ : : . .                      . . : : / .:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.







えー、実はまどかってアニメ見てないんですよね。

嘘です、ほむほむが時間跳躍してたことが判明する回だけ見ました。
なんでそれだけって言われると、たまたま見る時間があったからなんでー。


でまぁそのあとは漫画読んだので内容は把握済みです。
特にマミさんが死んだこととかバレスレ含む各界で話題になってましたからね。
もちろんさやかちゃんがバカとかほむほむがレズとかあんこがレズとかも知ってます。


ですが前半見てません。時間なかったんですよもう。
聞けば新規カットは前半に多くあったそうじゃないですか。



そんなわけで初の映像まどかなのでけっこう楽しんできました。





後編のスタートはさやかちゃんが魔女になるところ。
漫画は読んでましたがアニメは見てなかったので、さやかちゃんがバカなとこがわかりづらかったです。


あんこちゃん(アニメで初めて「きょうこ」と読むと知りました)に慰められられるも魔女になっちゃってけっこう怖かったです。
魔女の手下によるオーケストラ演奏は劇場の音響効果と相まってすっごい怖かったです。間違いなく子供泣きます。

あの魔女空間考えた人天才だと思いました。


で、その間ぐらいにOP挿入。新曲でした。
OPは5人ちゃんと出ます。マミさんいます。
見たところ楽しさと終末感を揃えたオープニング映像で、ほむまどでした。なんかイチャイチャしてました。




そのあとはあんこちゃんによる「一人ぼっちは寂しいもんな」という自爆で杏さや消滅。

まどかちゃん大泣きでほむほむが墓場に佇む謎のシーン。
全体的にほむらちゃんが孤軍奮闘してるので、一人で佇むシーン多いです。
でシャフ度多かったです。多分TV版でも多かったんでしょうね。露骨に振り向きシーン多かったです。戦場ヶ原さんかと思いました。



でめがねほむらちゃんの回想シーンに突入。
映像はだいたい一緒ですが、時間転移するごとに独白のような演出が入ってほむらちゃんの苦悩的なのがわかります。

ヤクザ屋さんのとこに武器盗みに行ったり軍基地に潜入もちゃんとあります。劇場ではちらほら笑いがあったり。
ほむら回想でもさやかちゃんの魔女化はしっかりあります。
そこでは手下が上条くんの恋人ぬいぐるみに。2時間の映画で2回も魔女になったさやかちゃんを見てちょっとバカっぽいなーって思いました。
そのあとはもちろん「みんな死ぬしか無いじゃない!」やってほむまどだけになる流れ。

そしていろいろあって現在に至る・・・。



さやかちゃんのお葬式があって、キュウべぇと地球の魔女との相互関係やって、まどかがほむホームにやってきて抱き合ったり、
ワルプルギスの夜も来て人間界大ピンチ。

ワルプルギスの夜の不気味なデザインと笑い声も劇場効果により凶悪さが増してました。
ほむらの四次元ミサイルとか、「どっからもってきたんだよ!」って突っ込みたくなるくらいぶっぱなしてました。これ本編でもやったの?
ほんとにどっから持ってきたんですかほむらさん。

で、ほむらちゃんのピンチにまどかがついに魔法少女に。
なかなか燃える展開でした。


そのあとはTV同様、宇宙が再編されてアルティメットまどかとなり魔法少女は救われました・・・。という感じ。
概念となったまどかとほむらの心情空間は、TVでは全裸らしいですが映画は規制のため透明のような服になってました。


そしてまどさや別れのシーン。
円卓の理によって導かれたらしいので、魔法少女が消える理由が変わってたのがわかりやすい演出でした。
まどか一家とほむらが出会って、一旦スタッフクレジット。
このエンディングはびっくりします。ポカーンってなります。
たぶんやらかしたーと思います。


そしてCパート。白いオッサンの魔獣に立ち向かう黒い羽を出したほむらで終わりです。
この羽がなんかすごい魔女っぽかったんですけどいいんですかあれ。
前に白い巨人に富野由悠季の顔が付いてるコラを見たんですが、元ネタまどかだったんですね。なんとまぁ


これが終わると本当のエンドロールです。
モブ声優にイアン・ヴァスティの人がいたのが00的要素でした。
加えて中村プロダクションの協力も!さすがしんぼっぼやで!!

映画の原画スタッフとTV版原画スタッフの数が違いすぎて泣けました・・・。



エンドロールが終わると、新劇場版予告が。
魔女の概念が復活したと思われるセリフがあったり、杏子が制服着てたり、アルティメットまどかが「ほむらちゃんとずっと一緒だよ」と言ったり謎が謎を呼ぶ予告でした。

これはちまとかが我先にブログ記事に挙げなきゃもっとびっくりしたんだろうなって思いました。
RTで回ってきたんですよこの情報。まったくこれだからネット社会は。



そして放映が終わると同時に拍手が。ビビりました。
なのは映画の4コマ思い出しました。


良い映画でしたよ。
音響効果がすごかったし、映像よかったし。
マクロスFの時も言ったけど、リメイク映画は演出をちょいと変えるだけなのになんか感動するんですよね。
そういうのホントズルい。
TV見てない人はもちろん、見た人にもオススメの映画でした。



 






さてみなさん文字ばっかで疲れたでしょう!

おまちかね!続いて舞台挨拶のお話です!!!


TOHOシネマズの4番スクリーンって超でかいんすよ!なんでめちゃくちゃ人入ってました!
女性人気もあるって聞いたのに半分以上男性客だったと思いますね。まぁ左右カップルでしたけど
心も腐ります。




さてこの名古屋舞台挨拶は魔法少女5人とキュウべぇというメインキャスト6人が集結するというかなり豪華な舞台挨拶でした。
司会のお姉さんが出てきたときは「ようやく舞台挨拶始まるか!!」という雰囲気で包まれていました。


ちなみに司会のお姉さんは上条 恭介役吉田聖子さんです。
キャストの人でした。役名を言うまで気づきませんでした。
誰も気づきませんでした・・・。一番前の人はわかったのかな・・・。
上条くんのセリフ言ってくれたけど、アニメ見てないので印象に残らず、何言ったか忘れました。ごめん。
そもそも上条君の声優は男がやってると思ってたんで・・・。



さて6人が舞台袖から登場。
遠かったのであんまり顔見れなかったです。オペラグラス要りますね。


みなさん綺麗でした。顔見えなかったけど。
服の色がキャラに合わせた色だったと思います。

さて女性が7人も出てきてかなり華やかになったステージ。
その日は京都、大阪と舞台挨拶をやって最期に名古屋だったようです。

舞台挨拶の時間までは、役者さんたちで深夜のテンションで会話してたそうです。



まどマギが格ゲーになったらキュウべぇは待機モーション多そう
とか
さやかはスマブラでいうピチューとかめっさどうでもいいコトで盛り上がってたそうです。
いいねぇ華やかで。


あわせて6人という舞台挨拶なんで時間が結構押してたご様子。
誰かがしゃべってる時に時計確認する声優さんとかマネジャーさんとかなんか楽しかったです。

さて6人の声優さんたちの感想などそれぞれ。
主に新劇場版に対する感想や意気込みを語られていました。



まず主役の悠木碧さん。

この人が格ゲーの話ばっかりしてた記憶あります。やっべ何言ってたかほとんど忘れちゃった。
どうやらプ○キュアのように5人の力を合わせた合体技で白いけものを倒したい
と言ってました。




斎藤千和さん。

ん・・・。やばいマジで何を言ってたか忘れてしまった。
千和さんがさやかはピチュー発言してました。時間止められるからほむら超強いぜって言ってたような。
なんか真面目なこと言ってたはずなんだけどなぁ。
そうそう、決め台詞が欲しいって言ってました。「あたしってほんとバカ」みたいなのが欲しいって。
その流れで千和さんによる「あたしってほんとバカ」ご披露。



喜多村英梨さん。

恭介との恋愛について語りました。一体どうなるのかとか、結ばれるのかとか、やっぱ駄目なのかとか、赤い娘とくっつくのかとかとか。


キタエリが一番出来上がってた気がするんですが何やってたか思い出せず。スマソ
きっとBD特典とかに舞台挨拶の映像つくんでそれ見たほうが早いですよ。ミもフタもない!!


水橋かおりさん。

マミさんっぽい服で登場。なんかたまに胸持ち上げてました。

新作への要望としては5人揃って白いけものを倒したいとのこと。
5人揃ってが重要らしいです。

あとは死に方についてとか。
どうせ死ぬなら仲間をかばって死ぬとかがいい!と切実な願いをあわらにしてました。
油断してパックリ逝くとか、錯乱は嫌だそうです。どうせ食べるなら全部食べてよ!とも。
マミさんがネタ枠のせいで次の杏子役がやりにくかったという・・・。


野中藍さん。

杏子の声が野中藍というのを舞台挨拶で知りました。だって知ってる演技と違うもん!!

野中藍さんこそ、何言ってたか思い出せないっす。
控え室にあるカレー味のポップコーン食べまくってたそうです。食べ物を粗末にしちゃいけないからなということで。(このへんで拍手喝采)




加藤英美里さん。

白いけもの役。
今回の映画は、キュゥべえが完全に敵だということが判明してから演技をしたということなので、(TV版は知らないまま演技してたそうです)かなり感情の込め方が変わった模様。
予告で大量にキュゥべえの目が映っていたので、「僕と契約して魔法少女になってよ!!」というセリフを撮り溜めて、劇場サラウンドで四方八方から大量に流したいという野望を披露。

その流れでキタエリが、「キュウべぇになってそのセリフ言いたい!」とか言ってたような気がします。さやかちゃーん。


最期は締めの挨拶を悠木碧さんが。
「スタッフ含めてみんなまどマギが大好きで映画を作り、新作も作ります。1ファンとして期待してます」みたいなことを言っていたような気がしまう・・・。



ほっとんど内容覚えてねーじゃんもう。
あたしってほんとバカ。


とにかく、楽しい舞台挨拶でした。
まどかファンにはたまらない舞台挨拶だったと思います。
始まった時、悠木碧さんが「みんなー!こんにちわー!」とやって野太い声が響いたのが印象に残ってます。
その後水橋かおりさんが「こんにちはという時間じゃないですね」と突っ込んでたのもあわせて。


この舞台挨拶に行けて本当に良かったです。前半も見ておけばよかったなって思いました。
そんなわけで、新作も控えており、まどかはもうちっと続くということでしょう。
自分もまどか旋風に巻き込まれた一人として、新作を楽しみに待ちます。


ちなみに、吉田さんによる注意事項の際に、「出演者へのプレゼントは最寄りのスタッフにお渡しください。必ず出演者へ届けます」と言っていたのが印象に残りました。
もらえること前提かよ!というツッコミと、何渡されるんだろうという不安が混じって気になりました。





もらえたフィルムはこれ


どこ? 

どこのシーンだよ・・・。
こんなのってないよ。あんまりだよ・・・。









関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 魔法少女まどか☆マギカ
ジャンル : アニメ・コミック

tag : 魔法少女まどか☆マギカ 舞台挨拶

コメントの投稿

非公開コメント

No title

時間停止は便利だけど攻撃力皆無→ネットで調べて爆弾作り
爆弾以外の武器も用意しろ→ヤクザから銃器盗む
の流れは発想が物騒すぎて笑う
あの世界の中学生こわい

ほむほむは時間操作がメインで補助能力として武器の収納とか機械の遠隔操作があって直接攻撃魔法はほとんどないらしい
マミさんは実はリボンのほうがメインの能力で縛ってから確実に潰す戦法とっててなるほどなと
あんこの得意技は幻覚系だけど最初の願い(これで初期能力が決まる)を自分自身で否定してるから未使用だとか

Re: No title

> 時間停止は便利だけど攻撃力皆無→ネットで調べて爆弾作り
> 爆弾以外の武器も用意しろ→ヤクザから銃器盗む
> の流れは発想が物騒すぎて笑う
ほむほむのクレイジーさを加速させて面白いと思う

> ほむほむは時間操作がメインで補助能力として武器の収納とか機械の遠隔操作があって直接攻撃魔法はほとんどないらしい
そのくせに超強くなってるのがすごいよ
まどかへの愛の成せる技だね
最新記事
相互リンク更新情報
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ブログを更新する暇があった日々
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
欲しいの
魂ウェブ商店5月発送商品締切告知
S.H.Figuarts 仮面ライダーハート
S.H.Figuarts ハートロイミュード(超進化態)
機動戦士ガンダムユニバーサルユニット ガンダム試作3号機 デンドロビウム【プレミアムバンダイ限定】

リンク
カウンター
わたしのせつめい

キバヤシ

Author:キバヤシ
心も腐る華の20歳。

朝は悪夢から目覚め、昼は家畜の餌を食べ、夜はオナニーもできない人類初のモルモット生活を実行中。
ツイッターで日頃の鬱憤を晴らします。

ツイッターだお

当サイトはリンクフリーです。お好きにリンクしてお好きに宣伝してお好きに見ていってください。
相互リンクも募集中ですよん。

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
280位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
57位
アクセスランキングを見る>>