鷹岬諒「機動戦士ガンダムAGE~クライマックスヒーロー~」

機動戦士ガンダムAGE クライマックスヒーロー (てんとう虫コミックス)

コロコロコミックで大好評?連載していた機動戦士ガンダムAGEがついにコミック化!!先月ね!!

キオ編の魅力が思う存分詰め込みいらないものを排除したまさしき少年向けのコロコロ版AGEをレビューしますぜー!

クライマックスヒーローって・・・なんか仮面ライダーのゲームみたいね。




物語はキオ編から三世代編までを軸にしたものになっていますが、キオの性格や展開を含め実に少年漫画的になっています。
コロコロだもんね。

キオは元気いっぱいの少年になり、フリット爺ちゃんは明るいながらも真剣にキオを応援する良いおじいちゃんになってます。

ヴェイガンを殲滅だ
なんてキチったことは言いません!良いね!
まぁ根っこには殲滅を考えてはいるんですけど。



またアビス隊はキオのいい友達として登場。
アビス隊長とオブチン以外目立たなかったデレクとジョナサンもキャラ立ちしてます!

アビス隊長はキオを褒めておだてて戦場に狩りだすようにしますが、戦場のホームズらしく冷静に分析することもしばしば。
そしてキオの良いお兄さんとしても活躍してくれます。

シャナルアさんもお姉さんとしてキオを厳しく育てます。スパイなんてことはないです。
特にシャナルアさん特性搾りたてミルクをキオに与えるシーンはこのまんが第1話の名シーンです。




コロコロ漫画ではガンダムAGEはトレジャースターなる外伝的漫画になっていたので、フリット編、アセム編は無いのでダイジェスト的紹介。
もちろん60年近い戦いが続いていることはコロコロでも同じです。



少年誌らしくガンダムは伝説のMSとして世に知れ渡っています。
まるでボンボン版Vガンダムみたいですね。

考えるとボンボン版Vガンと似ているかもしれません。
少年誌的ノリの熱血少年になった主人公、明るいキャラになった仲間たち、ギャグ描写のあるMS戦、出てこないキャラ




ちなみにこの漫画は単行本一冊で終わってるので全5話しかありません。

ただし全5話と言っても侮る無かれ。キオ編三世代編で展開されたイベントはほとんど収録されています。
もちろん改変などあるわけですが、省いてしまえばガンダムAGEの約半分は192ページで終わってしまうお話だったといことです。

あ、アニメが悪いなんて話じゃないですよ。ホントですよ。


そんなわけで、漫画なのでギラーガとレギルスが同時に出現したりと、本編では無かった展開が見れるのが良い所です。
作者もガンダム大好きらしいので(0083が好き)、メカ描写にはかなり力が入っていました。
レギルスVSAGE-3戦はAGE-3が大破する前半戦の山場なので、特に描写が濃くなっています。
アニメとも小説版とも違う戦い方をぜひ漫画で見てください。

こんなに媒体があるのに、レギルス撃退方法が三者三様あるなんて面白いですね。ちなみに一番記憶に残ってないのはアニメ版です。
小説版とコロコロ版は合体機能を存分に活用した戦い方なのに・・・。




AGE-FXの登場とともにルナベースでジラード・スプリガン(コロコロ版でも性懲りもなく登場)を撃退した連邦はヴェイガンとの決戦に備えます。

戦闘メインのコロコロ版だと、ジラードは中ボス的存在で丁度良かったのかもしれませんね。ちなみに過去回想なんてもんはありませんよ。ええ。


でアビス隊はまたも良くないハッスルを・・・。
アビス隊長、この姿を奥さんが見たらどう思うんでしょうか・・・小説版設定だけどさぁ・・・。
まぁ、こんな賑やかなアビス隊もいいもんですね。
クールにバナナ食ってるオブチンが魅力です。



最終決戦のラ・グラミスではAGE-FXとレギルスの直接対決があります。
これもまた本編ではなかった戦いですね。

ガンダムを倒すことに自分を見失い、味方ごと倒す狂気に犯されたゼハートに対して、希望を受け継いだキオはFXバーストで圧倒的な力を見せつけゼハートを倒しました。
この戦いもまた、ゼハートとキオの意志と意志のぶつかり合いがありガンダムらしい決戦となっています。
作者のガンダム愛が伝わってくる描写でした。






レギルスが破れ躍起になったヴェイガン。
それを討たんとするフリットは最終話で初めてAGE-1フラットに乗り殲滅を始めようとします。
さすがのフリット爺ちゃんもマジになりました。こえー。

とはいえフリット爺ちゃんがキチるのはここだけです。それまではエイナス浣腸の横でヴェイガンを見ても我慢してました。
おじいちゃんだからね。我慢も必要です。






一触即発の状況でしたが、ヴェイガンの指導者ゼハートが残したメッセージと、連邦の実質の指導者フリットの言葉により双方は和解。
両軍の指導者が停戦を命じたことで、ついに戦いは終わりを迎えたのです。
いやーいい話ですね。

こうして和解への道をたどるヴェイガンと連邦。
いつかきっと分かり合えると信じるキオのモノローグでこの漫画は完結です。
ちなみに書き下ろしはありません。コロコロだもんね。



終結の絵でわかるように、アビス隊はシャナルアさん以外生存します。アビス隊長も死を覚悟するほどn窮地に陥るのですが、キオの助けにより生存。この漫画は敵味方含め死なないキャラが多くいます。やっぱコロコロだから考慮したのかな?
まぁ死ぬ人は死にますけどね。

ともかく、AGEの良心アビス隊長生存は嬉しいですね。漫画版だとキオに「遊びに行こう」なんて死亡フラグ的台詞を建てていたので、この漫画のあとはアビス隊みんなで長い休暇に入ったことと思います。 




ちなみにこの漫画、いないメインキャラが多くいる一方でモブレベルのキャラは意外と出てます。
例えばこのカブキマンはラ・グラミス防衛隊長なんでモブのくせによく出てきます。
この強烈なグラフィックはコロコロに受けそうだったけど、白黒だからあの青髭が目立たなくて・・・。

出てこないメインキャラはフラム・ナラ、ルゥ・アノン、ウェンディです。
見事に女キャラカットされてますね!
まあそこはコロコロなんで・・・。少年誌に女は必要ないんですよ!!

男も出ないけどね!ウッドビットとかロディ・マッドーナとかね!!




少ない話数でどれだけ詰め込められるか!そしてどれだけ熱くできるか!!
ガンダムAGEよりガンダムらしい熱血少年AGEのクライマックスヒーローは一読の価値はあります!
大人向けの展開が無いコロコロなので一読程度ですけどね!

こういうAGEもあったんだ!と遠い目で読むのがいいと思います。
アニメでもこんな感じで行けばきっとヒットしたのかも・・・しれませんね・・・。


参考文献
鷹岬諒(2012年)『機動戦士ガンダムAGE~クライマックスヒーロー~』株式会社小学館.


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムAGE
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どっかで見たことある絵のタッチだなと思ったらロックマンエグゼの漫画描いてた人か!
この人が描く漫画キャラが生き生きしてていいよね

Re: No title

> どっかで見たことある絵のタッチだなと思ったらロックマンエグゼの漫画描いてた人か!
> この人が描く漫画キャラが生き生きしてていいよね

そーなんすよ。エグゼ漫画の人です。
あのロックマン漫画はゲームにそりながらもちゃんと少年漫画してて好きだったよ。

そういえば、ガンダムAGEは今まで講談社だったのが小学館に移った状況がロックマンと一緒だなぁ・・・。
最新記事
相互リンク更新情報
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ブログを更新する暇があった日々
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
欲しいの
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ


リンク
カウンター
わたしのせつめい

キバヤシ

Author:キバヤシ
心も腐る華の20歳。

朝は悪夢から目覚め、昼は家畜の餌を食べ、夜はオナニーもできない人類初のモルモット生活を実行中。
ツイッターで日頃の鬱憤を晴らします。

ツイッターだお

当サイトはリンクフリーです。お好きにリンクしてお好きに宣伝してお好きに見ていってください。
相互リンクも募集中ですよん。

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
278位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
59位
アクセスランキングを見る>>