スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「楽園追放 -Expelled from Paradise-」感想


楽園追放 Expelled from Paradise【完全生産限定版】 [Blu-ray]


なんでこのアニメを水島監督がやってるって言ってくれなかったの!全然知らなかったよ!!
ってことで見てきました。公開してる劇場は少ないのでミッドランドスクエアで。
レビューすべき商品がいろいろ届いたのですがまずはこのアニメの感想をちょちょいと書いてきますね。

 

・結構前から作ってた
パンフレットというには分厚すぎる2000円のパンフレットによると、このアニメの制作には2009年から始動していたようです。もう5年も前ですね。
まだまどかが放映前でガンダム00もまだシャーマン大尉の声が誰かわからなかったぐらいだと思います。



アニメ制作にはかなりの時間を必要とすると聞きましたが、制作スタートからここまでかかったのはめったに無いかと思います。ムサシGUN道は10年かかったそうだけど・・・。
そんな難産の楽園追放を、一切の情報を仕入れずに見れたのはある意味幸運かと思いました。
公開してから存在知りましたからね。
誘われた友達からは「CMやってたし俺のツイートで知ってると思ってた」とまで言われましたが・・・。
















・映像とか
全編3DCGです。すごかったですいろいろと。電脳世界と現実の二つの世界を行き来するんですが、どっちも同じ3DCGで描かれてました。ですが、現実世界はちゃんと地上の大気を感じられる透明感のある映像になってるんですよ。
電脳のほうは、現実ではあり得ない広大さが再現されたり、サイバーチックな世界になったりして。



たまに宇宙のシーンもあるのですが、地球を背景に多くの戦闘機と闘うシーンはマクロスみたいでした。映像監修に板野サーカスでお馴染みの人いましたし。

















・キャラクターについて

キャストが三木眞一郎・釘宮理恵・神谷浩史についでに古谷徹と、安定の水島メンツで安定感すらありました。


主人公のアンジェラはサイバー空間で闘う人。かなりがんばりやさん。
一応大人キャラなので釘宮で良いのかと思いましたが、そんな心配は無く、大人らしさとなれない空間に戸惑う子供らしさが一致した演技をされてました。さすが釘宮さん。

相棒となるディンゴは三木眞一郎氏。キザっぽい三枚目イケメンといえば三木眞一郎という風潮。インタビューでは「また三木かと言われない演技をする」とのことですが、そういう思いを聞くと三木に上手く合っているキャラでした。ちょっと擦れてるけど世界をよく知っている大人という感じがよく出ていて、そして面倒みのいい男。こういう人が相棒になれば、良いなぁって。


第三のメインキャラ・フロンティアセッターは神谷浩史です。ネタバレになりそうなんで特に言及はしませんがかわいいキャラです。そのせいか公式サイトや予告映像でも姿が無いですし。
見る前に仕入れたのは「水島監督」「虚淵脚本」「釘宮と三木眞一郎と神谷浩史がいる」しか入れてなかったので、その登場に驚きました。
なのでこれから見る人のために言及は避けときます。















・ストーリーとか
ストーリーの軸はシンプルでした。虚淵脚本ですが鬱とかは特に無く、自分の住んでる世界と他の人の住んでる世界、どっちが楽園なのか・・・。というものかも。
現実世界は半分世紀末状態ですが、文明はあるし秩序もあるけっこう住みやすそうな世界でした。こういう世界で旅してみたいものです。
逆にアンジェラの住む電脳世界は、楽しいとか娯楽がいろいろあるとのことで。残念ながら映画ではアンジェラの口から語られるだけのもの。本当にどっちがいいかは、両方経験した人にしかわからないんだろうなって。



また、インタビューで、見返すときにはアンジェラ視点・ディンゴ視点・そしてフロンティアセッター視点で見てみると良いとありました。それぞれの立場で見ると共感できる面がいろいろあるので、何回も見返すと楽しいかもしれません。










・なんかエロい服の人
上のBD広告のアンジェラを見ていただくとわかると思いますが、エロ衣装です。胸元は開いてないですがぴっちりスーツにハイレグとこれでもかと言うべきエロ衣装。

劇中でも無駄におしりを強調したカットがあったり、アンジェラが何か喋る度に胸が揺れるという3DCGの技術を遺憾なく発揮していました。なんてこった。




劇中のキャラは誰一人としてこの変な衣装に言及しません。舞台になる現実世界は、現代でもよくある普通の格好なので、ぴっちりハイレグスーツなアンジェラが紛れてかなりの違和感。まぁこれがこの世界に置ける「住んでる世界の違い」と言うべきでしょうか・・・。

ちなみにこの格好はアンジェラが所属する組織の制服なんですって。劇中でも同じ格好の女性が3人出てきました。男性の場合も同じなのか疑問に思いましたがやめました。こんな格好を制服にするとかとんだエロ電脳。



・ガンダム00脳の意見
見た理由が「水島監督」ということからやっぱり思ってしまうのがガンダム00との関連。悲しいかなついつい連想してしまう要素がけっこうありました。

まず神谷浩史のキャラはティエリアです。もうティエリアです。ツンを無くしたかわいいティエリア。人間のためならなんでもするティエリア。となると演技はキャプテンガンダムに近いかも。

ディンゴは狙撃が上手いというロックオン要素が入るという・・・。まぁ彼の「00だ!」って言える要素のはこれぐらいですけど…。
アンジェラは逆に00らしさは無いです。そもそも00の釘宮がネーナですからね。強いて言うなら胸のサイズ。




で、なぜか特別出演してる古谷徹。
「どこに出てるんだよ!」ってキャスト欄を見て思いましたが、パンフレットを見たら最初に出てきたアンジェラに声を掛けたグラサン男でした。気付かなかったもう!
ということで見に行く人は「グラサン男」の声に注目していただきたいです。00要素は無いです。




宇宙と地球を行き来する世界なので、ラグランジュポイントって単語が何回か出てきました。ラグランジュ3も出てきたのでソレスタルビーイングの基地があった場所を思いますね。
宇宙線やマシンのモニターが海老川さんっぽかったけどスタッフにはいませんでした。柳瀬敬之はいたけど。

ラストシーンもガンダム00好きには連想できるラストかも。








・総括
ってなわけで、楽園追放は面白かったです。主人公アンジェラが自分だけでなく他の世界にも目を向ける新しい旅立ちの物語とも考えられるので、「新しい一歩を踏み出す」という気持ちになれる爽やかな映画でした。
背景、メカだけでなくキャラクターの表情まで3DCGで描かれた世界ですが、自然とコミカルに動くキャラクターの表情を見て技術の進化も体感できます。

できれば劇場で見るのをおすすめしますが、劇場が遠いって人はBDが来月に出るらしいので、そちらでも一度見ていただくといいかなって。


そんなわけで水島監督と虚淵玄の異色タッグ「楽園追放」。けっこうお勧めです!だいぶ上映スケジュールが減ってるので見に行くなら予約したほうがいいっす!


          _,.. --─- 、 
        ,.-'          `ヽ, 
      /               ヽ 
     /        ∧      i 
     !   _,.イ_,ノ_,ノ _\   ヽ. |  みなさまを新たなる可能性へとご案内します
     l   l (ヒ_],|,.--、| ヒ_ン\  ) |  
      \|ヽ"_ノ,___,ヽ,__"ノ|ノ | 
      |  ト   ヽ _ン    /   |  
      |  |ヽ、       /    | 
      |  |,-‐>ー--─ ´/    / 
      |/         ノ__,/ 
   




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
相互リンク更新情報
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ブログを更新する暇があった日々
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
欲しいの
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ


リンク
カウンター
わたしのせつめい

キバヤシ

Author:キバヤシ
心も腐る華の20歳。

朝は悪夢から目覚め、昼は家畜の餌を食べ、夜はオナニーもできない人類初のモルモット生活を実行中。
ツイッターで日頃の鬱憤を晴らします。

ツイッターだお

当サイトはリンクフリーです。お好きにリンクしてお好きに宣伝してお好きに見ていってください。
相互リンクも募集中ですよん。

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
304位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
71位
アクセスランキングを見る>>